banner

ダイエットにつきまとう罪悪感を消す方法

ダイエットしてるのに食べてしまった―!

って思ったことはないですか?

私もダイエットをしていた20代の頃はそう思っていました。

ダイエットに失敗する原因の一つに食べた後の罪悪感があります。

 

今日は罪悪感をなくす方法についてご紹介いたします。

ダイエット中の方は

今日からできる簡単な方法なのでぜひご活用ください!

 

罪悪感という感情がなぜわきあがるのでしょうか?

 

 

それは目的があるからです。

アドラー心理学では

「行動や感情には目的がある」という目的論。

では食べ過ぎてしまったあとの

罪悪感の目的はなんでしょうか?

食べ過ぎた自分を否定しなければ

ダイエットは成功しないと思い込んでいる。

コントロールできない自分が許せない。

などかもしれません。

 

いずれにせよ罪悪感があるのは目的があるから。

 

ではどうすれば罪悪感をなくすことができるのか?

2つご紹介します。

 

最初に罪悪感を直視するコト

自己否定で自分を攻撃するのをやめる事に繋がります。

 

具体的な方法は

 

「食べ過ぎた事を後悔しているんだな」と

感情を認識してみてください。

 

自分の不完全さを認め

真正面からあなたを受け入れる事になります。

 

感情を否定せず認めることで罪悪感は癒されて無くなっていきます。

 

そして次に

なぜ食べ過ぎてしまったのか?より

どうすれば「心地よい自分でいられるか」の

どうすれば~に意識を変える。

解決策に目を向けるという事。

 

ダイエット成功のの最大の鍵は脳なのです。

あなたにとって重荷となる思考を手放せば

本来のあなたらしさを輝かせることができます。

▶期間限定ダイエットカウンセリング付き痩身コース

 


ブログ一覧


Copyright(c) 2008-2014 Fairy All Rights Reserved.